オリンパス STYLUS TG-4 Tough 最安値チェック

  • F2.0の明るいレンズで、厳しい環境下でも高画質に残せるToughシリーズのフラッグシップモデル
  • F2.0の明るい大口径レンズで、暗いシーンでも、ぶれを抑えて高い画質
  • 防水性能15m、防塵、耐落下衝撃2.1m、耐低温-10℃、耐荷重100kgfの5大タフ性能
  • マクロ写真の表現を広げるバリアブルマクロシステム
  • スマートフォンと連携するWi-Fi※7と高精度なGPS
  • 「RAW記録」や「AFターゲット選択」など上級者の要望に応えた多彩な機能を新搭載

カシオ EXILIM EX-FR100 最安値チェック

  • カメラ部とコントローラー部を分離して身に付けて撮影するウェアラブルスタイル
  • アタッチメントでカメラ部を離れた場所に取り付けてリモートで撮影するリモートスタイル
  • レンズと液晶モニターを同一面に配した自分撮りに最適なセルフィースタイル
  • 記念撮影や風景の撮影に便利なカメラ部を折り畳んだカメラスタイル
  • 強度に優れた素材、構造を採用。カメラ部とコントローラー部ともに、1.7m(合体時は1.3m)からの落下に耐える耐衝撃性能、-5℃の耐低温仕様、IPX8、IPX6相当の防水性能、IP6X相当の防塵性能を実現しており、様々なシーンでラフに使用できます。
  • 超広角16mmレンズと見やすい3.0型高精細液晶を採用

自撮り棒や一脚などにスマートフォンを固定 ETSUMI スマートフォン用 モビクランプE 6632

Wi-Fi機能を使ってスマートフォンをリモートシャッターとして使う際、スマートフォンの置き場所に困りませんか?
ETSUMI スマートフォン用 モビクランプE 6632は、自撮り棒や一脚などにスマホホルダー付クランプを挟んで、スマートフォンを固定することができるアイテム。自撮り棒や一脚などを持ちながら、手元でスマートフォンの操作が可能になります。

SONY サイバーショットRX DSC-RX1R最安値チェック

  • RXシリーズに、コンパクトデジタルカメラの画質の粋を極めたモデルが新登場。35mmフルサイズセンサー搭載。レンズ一体型ならではの解像感に加え、多点分離光学ローパスフィルターを取り除くことにより、圧倒的な解像感を実現。
  • 徹底的に研ぎ澄ませた解像感
    光学ローパスフィルターレス仕様により、レンズがとらえた光を直接イメージセンサーに結像し、細かな自然物などをこれまでにない解像感で再現します。レンズの持つ優れた描写性能とイメージセンサーの高い解像性能を維持できるよう、光学的に配慮されたフィルターと、解像感を最大限重視した画像処理との組み合わせにより実現しています。
    (※撮影条件や被写体によっては、モアレや偽色が目立つ場合があります。色再現性はDSC-RX1と同等です。)
  • ソニー自社開発、35mmフルサイズ有効約2430万画素“Exmor”CMOSイメージセンサー
    有効画素数2430万画素の35mmフルサイズCMOSイメージセンサーが、ローパスフィルターを通さない、高い解像感のある画像を忠実にとらえ、引き伸ばしやトリミングを前提とした撮影でもディティールまで精緻に再現します。
  • 開放絞り値F2の大口径カールツァイス「ゾナーT*」レンズ
    独自の薄型非球面レンズ「AA(advanced aspherical)レンズ」を採用し、レンズの繰り出しがないインナーフォーカス方式によって、鏡筒の小型化を実現しました。滑らかで美しいぼけ味を生み出すのに最適な、常用域 (F2.0-11)でほぼ円形になるよう設計された9枚羽根の絞りを採用しています。
  • 最高レベルの表現力を実現する画像処理エンジン“BIONZ”
    画像重ね合わせによる最高ISO102400の高感度撮影、約5コマ/秒の高速連写、14bitのRAW画像記録など、負荷の高い画像処理もスピーディーに行います。
  • ISO50※-102400の幅広いISO感度領域
    35mmフルサイズセンサーの持つ高感度・低ノイズ性能、レンズ一体型設計だからこそ実現できるレンズ・センサーに最適化した画像処理により、被写体を高精細かつクリアに捉えます。常用感度域はISO100から25600と幅広く、ISO50※まで拡張可能です。
    (※ISO100未満の領域は、記録できる被写体輝度の範囲(ダイナミックレンジ)が少し狭くなります。)
    ISO AUTO時には設定範囲の上限・下限をISO100-25600間で設定することで、撮影者の意図が反映できます。暗い場所ではフラッシュを使用せずに、雰囲気のある写真を撮影可能です。
    高感度撮影時のノイズを低減する「マルチショットNR」機能により、1回のシャッターレリーズで高速連写した6枚の画像を重ね合わせてノイズを低減します。コンパクトデジタルカメラとして最高のISO 102400の超高感度撮影も可能です。
  • より被写体に近づき、大きく撮影できるマクロモード
    最短撮影距離(撮像面から)20cm、最大撮影倍率0.26倍の近接撮影に対応します。
  • 自由な映像表現を可能にする、フルハイビジョン動画
    AVCHD Ver. 2.0準拠の60pフルハイビジョン動画撮影に対応し、スポーツなどの動きの速いシーンでも高精細でなめらかな映像を残せます。また、フィルム映画のような独特の表現を可能にするフレームレートの24p動画で撮影すれば、日常のワンシーンがより印象的に仕上げられます。
  • 表現の幅を広げる、「マルチインターフェースシュー」
    電子ビューファインダーや光学ビューファインダー、光量の大きな外部フラッシュ、サムグリップ、クリップオンLCDモニターなど豊富なシステムアクセサリーを装着することが可能です。なお「RX1R」では、ステレオマイクを新たに装着できるようになりました。
  • 広色域を実現する「トリルミナスカラー」※のHDMI伝送に対応
    本商品で撮影した写真や映像を「トリルミナスディスプレイ」※対応の液晶テレビ“ブラビア”で再生した際、撮影時の自然な色合いを大画面で楽しめます。
    (※「トリルミナスカラー」および「トリルミナスディスプレイ」は、動画、静止画の広色域の色空間に対応したソニーの製品やサービスの総称です。)

オリンパス PEN Lite E-PL7 EZ ダブルズームキット 最安値チェック

  • タッチ自分撮りスタイル
    直感的にピント合わせが可能な大型・高精細のタッチパネルと、下向きに180度可動する下開きモニターを搭載。下開きにすることでレンズ位置を意識せずに快適なタッチパネル操作をすることができます。付属フラッシュ装着時もモニター確認や操作がしやすいので、どんなシーンでも、きれいな自分撮りが手軽に楽しめます。
  • スマートフォン連携(Wi-Fi内蔵)
    一眼で撮影した高画質写真をスマートフォンに転送しSNSで共有したり、スマートフォンをリモコン代わりに撮影したり。PEN Liteシリーズ初の内蔵Wi-Fiと、専用のスマートフォンアプリ「OLYMPUS Image Share (OI.Share)」を連携すれば、写真の楽しみ方がいっそう広がります。
    ・QRコードで、スマートフォンと簡単接続
    ・充実のリモート自分撮り機能
    ・リモート動画撮影
    ・スマートフォンに写真転送&SNSでシェア
  • 写真表現の世界を広げるアートフィルター
    写真表現の世界を広げるアートフィルター。E-PL7には「ヴィンテージ」と「パートカラー」を新たに追加。さらに左右(上下)に陰影の帯をいれ広がりを表現する「シェード効果」がアートエフェクトに追加されました。表現の可能性は無限に広がります。
  • アートフィルターの魅力を高める アートエフェクト
    アートフィルターの魅力をいっそう高める「アートエフェクト」。撮影者が意図したイメージをより際立たせ、撮影者の想像を超えたクリエイティブな表現を楽しむことができます。E-PL7にはアートフレーム効果やスターライト効果に加え、左右(上下)に陰影の帯をいれ広がりを表現する「シェード効果」を追加しました。
  • 手ぶれ補正(3軸 VCM手ぶれ補正)機構
    交換レンズの種類を選ばず常に安定した手ぶれ補正が可能な「3軸VCM手ぶれ補正」を搭載しました。自分撮り時(片手操作時)に発生しやすい回転ぶれも強力に補正します。
  • OM-Dゆずりの基本性能とE-P5から継承した高品位PENデザイン。
  • 被写体の動きも自動判別する究極のiAUTO
  • 写真を組み合わせ、1つの物語を表現するフォトストーリー

リコー RICOH THETA m15最安値チェック

  • 1回シャッターを切るだけで、撮影者を取り囲む全天球のイメージを簡単に撮影することが可能
  • RICOH THETAからスマートフォンやパソコンに転送されFacebookなどのSNSに簡単に共有が可能
  • Wi-Fiを通じてスマートフォンに転送した画像は、専用の無償アプリにより指先でサイズや形、構図を変えて楽しむことが可能
  • 新規部品の採用や動画対応制御プログラムの開発により、最大3分間(合成後)の全天球動画の撮影が可能
  • 作成した全天球動画は、通常の静止画像と同様に指先で画像のサイズや形、構図を変えて楽しむことが可能
  • 全天球イメージ撮影時にオート撮影、シャッタースピード優先、ISO優先を選択できる、マニュアル撮影機能を搭載
  • 設定した一定の間隔で連続して撮影できるインターバル撮影機能で360度定点観測が可能
  • 撮影した全天球イメージの任意の部分をぼかすことが可能
  • Wi-Fiによる転送速度を、最大で約2倍(従来比)に高速化

リコー THETAを三脚等に固定させながらUSB端子・HDMI端子利用可能に。エツミ E-2112 ボールヘッドシューII

RICOH THETAは本体がコンパクトかつ360度全天球写真が撮れる製品の特長による形状ゆえに、三脚ネジ穴とUSB端子・HDMI端子が本体の底面にひしめき合っています。(※HDMI端子はTHETA Sのみ)
この為、THETA本体を直接ネジ穴に固定させると、USB端子とHDMI端子が三脚(一脚や自撮り棒含む)の土台に隠れてします。特にTHETA Sの場合、ライブストーミングが可能であるにも関わらず、THETA本体を固定させながらHDMIケーブルや充電ケーブルを接続できないという残念な状態に。製品の設計時にきちんと考えてもらいたかったです。

「THETA Sを三脚等に固定させながら、USB端子・HDMI端子を使える状態にしたい」

この悩みを解決する為に最適なアイテムがエツミ E-2112 ボールヘッドシューII。取り外しが可能な丸いスペーサーは取り外してネジ穴を使うことで、THETA本体と三脚等の土台との間にスペースを確保。

さらには一般的な形状のアクセサリーシューにも対応しているので、デジカメに取り付けて撮影することもでき、使い方はアイディア次第♪

ニコン D5500 ダブルズームキット 最安値チェック

  • タッチパネル操作が可能なバリアングル液晶モニター搭載
  • バリアングル液晶モニターで、ローアングルからハイアングル、自分撮りに至るまで、自由自在なアングルで撮影可能
  • 外装が骨格を兼ね、内部構造を堅固に守るモノコック構造を採用
  • 薄型化と深く持ちやすいグリップを実現し、高いホールド感と優れた携行性を実現
  • スマートデバイスと連携して画像転送、リモート撮影ができるWi-Fi機能
  • 有効画素数2416万画素、光学ローパスフィルターレス仕様のニコンDXフォーマットCMOSセンサーを搭載
  • 画像処理エンジン「EXPEED 4」により、明るい部分の白とびや暗い部分の黒つぶれを抑え、明暗の変化をなめらかに表現
  • 常用ISO感度域はISO 100~25600と幅広く、暗所でもノイズを抑えた高精細な画像の撮影が可能
  • 1920×1080:60pのフルHD動画撮影が可能な「Dムービー」を搭載